IE Business School

 

 スペインの首都マドリード中心部にキャンパスを置く、世界トップクラスのビジネススクール。

 

グローバルな視点、起業家精神、そして人文学的アプローチをもち、イノベーションや組織の変革を率いるリーダーを育成します。

 

IE is quick to innovate, quick to change, hungry and poised"

                                                                              - David Bach, Senior Associate Dean at Yale University’s School of Management

“An unusual school with unusual people”

                                                                              - Anonymous, The Financial Times


Entrepreneurship

1973年にスペインの若い起業家集団がIEを設立しました。IEのDNAは設立当初から起業家精神。世界で初めてMBAの必須科目にアントレプレナーシップを取り入れました。現役ベンチャーキャピタリストや企業C suiteの実務家が直接教えてくれます。EUのスタートアップ・エコシステムの中では抜群の評判と知名度です。QSの2019年ランキングではEntrepreneurship部門で世界4位、欧州1位に評価されています。

Innovation & Technology

テクノロジーへの投資も積極的で、これまでに2500万ユーロをEduTechに投資。デジタル・イノベーション系の授業が必須です。School of Human Sciences & Technologyという学部もあります。QSの2019年ランキングではInnovation部門で世界5位に評価されています。


International Vision

世界一ともいえるダイバーシティをもちます。90%以上は留学生。世界120ヵ国以上から学生が集まっています。国籍比率バランスが良く、業種や宗教、LGBT問わず多様な中でリーダーシップを培える環境です。2018年、Africa Centerを設立し、アフリカでのビジネス機会への知見とアクセスを強化しています。女性の登用も積極的で、スタッフの70%は女性。経営陣の女性比率は52%、女性教授比率は40%と、2019年FTランキングではそれぞれ世界4位です。

Humanities

ビジネススクールとしては珍しく、Humanitiesをコアバリューのひとつとしています。ビジネスパーソンも芸術や文学を通じて異なる視点を理解し、そこから新たなものを生むことを大切にします。リーダーに必須の倫理観、人間性、洞察・分析力やコミュニケーションスキルとして重視しています。QSの2019年ランキングではCSR部門で世界4位、欧州2位、Leadership部門で世界7位に評価されています。


 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している卒業生サイトですが、掲載情報に関して当校の公式見解を示すものではなく、また情報の更新については必ずしもタイムリーとは限りません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。