フルタイムMBA(International MBA)

IE Business SchoolのフルタイムMBAはInternational MBAと呼ばれます。

100% 英語 (International MBA English Track) または 100% スペイン語 (International MBA Spanish Track)に分かれます。

カリキュラムの特徴

私費学生

  • テクノロジー・デジタル業界へ転職をしたい
  • 現在のNon-tech業界の中でイノベーション・デジタル化を推進したい
  • 新規事業開発や新興国での事業開拓に興味がある
  • 将来的に起業・ファミリービジネスの継承を視野に入れたい
  • 既に漠然としているが起業アイデアがあり、MBAを通じて実現したい

社費学生

  • 社内で新規事業やデジタルトランスフォーメーションに携わりたい
  • 海外での新規事業開発やM&Aを推進したい
  • 会社で新しいことを始めたい
  • 南米・アフリカ圏のビジネスを推進したい
  • 海外子会社のマネジメントに携わりたい
  • MBAと同時にマーケ、データサイエンス、法律など専門分野をマスターしたい

Why IE?

  • プログラム全体の45%をカスタマイズすることができる
  • アントレ・社内新規事業開発で40数年にわたる高い評価があり、イノベーションやデジタル系の科目を必修で習得
  • テクノロジー・デジタル業界への就職に強い
  • 120科目と圧倒的な数の選択科目で、日本では会えないような国際的な実務家の教授から学ぶことができ、教授ともビジネスでの関係を構築
  • 75カ国、300人のクラスメートと共に学び、世界中にネットワーク構築。卒業後も世界30カ国のIEオフィスとネットワークを世界中どこにいても維持できる
  • IE独自のアルゴリズムを使ったクラス・グループ分けにより、多様な文化・環境下でのリーダーシップスキル向上
  • Dual Degreeで専門性を身につけ2年弱でMBAともうひとつの修士号を取得
    • Business Analytics & Big Data
    • Customer Experience & Innovation
    • Advanced Finance
    • International LLM
    • International Relations

多様性豊かなクラスプロファイル

なぜ、ダイバーシティが大切なのでしょうか?

IEでは創立当初から、イノベーションの源泉は、多様性にあると考えています。

自分と似たような人たちと既存の考え方に拘っていても、頑張れば恐らく1を2、あるいは5にすることはできるでしょう。

しかし今ビジネスの世界で必要とされる人材は、ゲームチェンジャーです。0から1を生み出すこと、そして1から10にすることは、会った事のないタイプの人間や、自分とは異なる考えのチームメンバーが必要です。

 

では、そうだとして、今の自分でそんなに多様なチームメンバーとうまくやっていけるか不安ではないですか?だからこそ、IEで訓練を積むのです。恐らく、チームメンバーとの意見の食い違いやお互いの常識への驚きもあることでしょう。だからこそ、新しい環境を楽しむことができる、ユニークな考え方を持つ学生を入学させています。

 

IEの留学生比率は90%以上。出身国の配分バランスが良く、出身業界も金融・コンサルの割合が他校より少なめで、テクノロジー、消費財、製薬・バイオ、政府系機関、NGO、エネルギーなど様々。

一日の流れ

授業は月曜日から金曜日まで9時~15時(80分 x 3コマ、30分の中休み、60分のグループワーク)。隔週でCareer Fitness(キャリア関連の授業)があります。また週に一度、4コマ目があり、18時まで授業があります。基本的にグループワークは決められた時間帯はありますが、学生の自主性に任せ、それ以外の時間に集まることが多々あります。

 

下記はCore Periodの一日の流れのモデルですが、LabやElectiveになるとペースが異なってきます。

 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している準公式サイトですが、掲載情報に関しては当校の公式見解を示すものでは御座いません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。