フルタイムMBA(International MBA)

IE Business SchoolのフルタイムMBAはInternational MBAと呼ばれます。

100% 英語 (International MBA English Track) または 100% スペイン語 (International MBA Spanish Track)に分かれます。

  • アントレ・社内新規事業開発で高い評価、イノベーションやデジタル系も必修
  • テクノロジー・デジタル業界への就職に強い
  • 社費生は新規事業開発、海外事業、デジタル・トランスフォーメーション戦略など
  • ファミリービジネス、起業予定の人など
  • カスタマイズが約半分で自由度が高い
  • 150科目と圧倒的な数の選択科目 
  • 80カ国、300人というスケールで世界中にネットワーク構築
  • 多様な環境下でのリーダーシップスキル向上

 IMBAのEnglish Trackは、Core PeriodではひとつのIntakeで5~6セクションに分かれます。

  • 50名/セクション
  • アルゴリズムを用いて多様性が保たれるようクラス分け、さらにグループ分け(学校がアサイン)
  • 日本人の中でも、業種と職歴が多様。セクションごとに1名~2名。
  • グループワークが多く成績評価の一部となるため、協力的なカルチャー

クラスプロファイル

IEではイノベーションの源泉は多様性豊かな環境にあると考えます。従来の環境や考え方に拘っていると、これまでと同じ結果しか出てこないからです。そのため、新しい環境を楽しむことができる、ユニークな能力を持つ学生を入学させています。

 

留学生比率は90%以上。出身国のバランスが満遍なく、出身業界についても、金融・コンサルの割合が他校より少なめで、テクノロジー、消費財、製薬・バイオ、政府系機関、NGO、エネルギーなど様々。

一日の流れ

授業は平日9時~15時(80分 x 3コマ、30分の中休み、60分のグループワーク)。隔週でCareer Fitness(キャリア関連の授業)があります。また週に一度、4コマ目があり、18時まで授業があります。基本的にグループワークは決められた時間帯はありますが、学生の自主性に任せ、それ以外の時間に集まることが多々あります。

 

下記はCore Periodの一日の流れのモデルですが、LabやElectiveになるとペースが異なってきます。

 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している準公式サイトですが、掲載情報に関しては当校の公式見解を示すものでは御座いません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。