international MBA

スペインの当局が認定するIE UniversityのOfficial Degreeです。

PRE COURSE & LAUNCH WEEK

入学前のプレコースでは、スペイン語レッスン(週5日、9時~12時)およびオンラインでの会計と統計学を学びます。プレコースは入学式の3週間ほど前から始まります。(9月入学=8月スタート、1月入学=前年12月スタート)

 

Launch Weekは入学式後に設定されている、ソフトランディングを目的とした1週間のオリエンテーション。チームビルディング、リーダーシップと倫理講座、コミュニケーション・プレゼンスキルのワークショップ、そしてチーム対抗で時間のプレッシャーがある中、与えられた課題をグループでこなしながら料理をするというパエージャ・コンテストなどのアクティビティを通じ、その後のMBA生活で有用なマインドセットを醸成します。

 

 

リーダーシップについては、女性として世界初、8000メートル級の全14峰への登頂に成功したEdurne Pasaban氏など有名教授が担当することもあり、印象に残る刺激的な授業となります。

 

Launch Weekが終わるころにはクラスメートとも打ち解け、IE生としての倫理観や自分がどのように多様な人々から成るグループへ貢献できるかについて認識できるようになっています。

 

 

CORE PERIOD

入学後の約6ヶ月間はCore Period(必修)です。50人一クラスとなり、次の必修科目を履修します。必修科目は全員が受けることとなり、Waiverはありません。50人一クラスという規模感は、それぞれが発言しやすい雰囲気で、ちょうど良いと評判です。

アントレ精神を養う

· Entrepreneurial Mindset

· Entrepreneurial Venturing

ビジネスの基礎をマスター

· Financial Accounting

· Managerial Economics

· Managerial Decision Making

· Managerial Accounting

· Corporate Finance

幅広い視点から洞察する

· Marketing Management

· Leading People & Teams

· Strategy

· Operations Management

ビジネスを超えて考える

· Innovation in a Digital World

· Critical Management Thinking

· Business, Government & Society


Behavioral Fitness (ソフトスキルを習得する)

· Communicating for Success

· Building High Performance Teams

· Hacking Habits

· Assessing & Developing People

· Influencing & Persuading 

· Creating a Leadership Vision

Career Fitness (Job Marketでの市場価値を高める)

 

· Careers In (企業プレゼン、地域ごとの傾向対策、卒業生の成功談) 

· Career Tool Kit (キャリア戦略、パーソナルブランディング、転職先探し)

· Specific Tracks (FMCG、製薬、金融機関、テック系、コンサルなど)

· Recruitment Process (採用担当者の視点、面接・オンラインテスト対策、給与交渉)

 

 

 


授業形式は?

ケースメソッド

 

ハーバード大学からはじまった、言わずと知れたMBAの定番。授業前に20ページ~のケーススタディを読みこみ要点を整理し、朝登校してからグループメンバーなどとブリーフィング。

ケースとは、企業の過去の事例をビジネススクールの教授が取材しまとめたもので、企業から提供されたデータも参考に含まれています。IEでは世界中のスクールのケースを使用しています。授業本番では教授がケースをもとに次々と質問し、学生は自分の意見を展開したりクラスメートの発言に対し反論します。基本的にはその業界を取り巻く環境、競合、組織、カルチャーなど様々な要因をベースに、自分の立場ならどのような決定をするかがポイントとなります。授業の終わりには教授がWrap UpしそのケースからのTake Awayをまとめあげます。

教授は教えるというより議論をファシリテートする立場にあります。発言は成績評価の対象となり、コールドコールも多くあります。ケースを事前に読み込んでいない場合授業についていけません。戦略やマーケティング、オペレーションなどの科目で多用され、マネジメントに必要な意思決定の訓練として重宝されています。

 

レクチャー形式

 

ファイナンスやアカウンティング、統計など、いわゆる答えが決まっている知識系の科目では、普通の講義形式の授業もあります。講義形式でも、事前にテキストを読んでおく必要があります。

その中でもケースを使う回や、グループでプレゼンテーションをする回もあります。レクチャー形式といえども、IEでは発言は成績評価の対象となるため、得意科目ではアドバンストな発言をしたり、他のクラスメートがした質問に対して答えたり、あるいは教授の見解ややり方にチャレンジすることもあります。

 

ワークショップ・デザイン思考

 

上記2つの形式は伝統的にビジネススクールで使われている授業形式ですが、これから必要とされるゼロからイチを生み出すクリエイティビティの訓練には不向きといえます。デザイン思考をマインドとしたワークショップやグループワークで、何もないところから新しいビジネスやプロジェクトを生み出していくことも必要です。

IEはアントレプレナーシップに昔から定評があり、Entrepreneurship、Startup LabやVenture Labなどでは自分たちの頭と手と足を動かしてビジネスを生み出す練習を様々なステージを想定しワークショップ等でひたすら行い、そのためのコーチング・メンターシップも手厚く行っています。

 

成績評価について

IEでは各科目、90%以上出席することが単位取得の条件です。

  • グループワーク(プレゼン・レポートなど)
  • 個人のパフォーマンス(テスト・レポートなど)
  • クラスへの貢献度(授業中の発言)

上記3つを総合評価して成績評価されるため、必ず授業へは出席し、さらに発言をしていくことが必要です。


CORE LAB PERIOD

6ヶ月間のCore Periodを終えるとLab Periodに突入します。

Lab Periodでは5つの選択肢があり、Business Impact Lab, Startup Lab, Social Impact Lab, Internship, そしてTech Labの中から好きなものをひとつ選択できます。

Business Impact Lab

企業向けのコンサルティング・プロジェクトに取り組むLabです。

お題となるクライアント企業1社の経営課題に対し、チームでコンサルティングをしながら、新規事業案を提示します。コンサルティングに関する授業も並行して受けることになります。このチーム編成も、IE独自のアルゴリズムで編成されます。

 

クライアント企業はIAG(ブリティッシュ・エアウェイズのエアライングループ)、Mahou San Miguel(ビール会社)、Ericsson、Telefonica、Microsoft、マクドナルドなどグローバル大手企業で、毎Intake異なります。

 



Startup Lab

2~4人程度でチームを組んでゼロから自分たちのビジネスアイデアを具体化させていくインキュベーションです。業種はなんでもOK。メンターからのアドバイスや投資家へのピッチを通して、ビジネスアイデアを磨いていきます。関連する授業も並行して受けます。授業内容は投資家との交渉やチーム内での交渉、主に著作権などの法律にいたるまでコアで学んだスタートアップ、アントレ課目に加えて知識に肉付けおよびデジタルマーケティングを含めたStrategyを学びます。

 


Idea Creation/Team Formation

Idea holderとIdea Seekerに分かれます。Holderはビデオを作成し自分のアイデアのプレゼンを行い、さらにオンラインオフライン問わず質問を受付て自分のチームを造ります。ここで重要なのはいかにチームを作るかということ。

チームづくりから失敗するチームもあれば、アイデア自体はしょぼくても(すいません)チームが機能しているチームもあり、授業中に散々叩き込まれる「投資家はチームを見る」という言葉を思い知らされます。ネットワークの機会もあり地下のArea31でのショートプレゼンやGoogleCampusでのプレゼンなどチームづくりの場を学校が提供してくれます。ただし経験から言うとIT関連の知識、エキスパートが不足しがちなのでITバックグラウンドの方は早々ととられてしまいます。

Time Management

スタートアップ系の授業ばかりとなりますが授業と平行してプロジェクトを完成させていきます。とにかく重要なのがValidation。アイデアベースではなくコアで学んだファイナンスや会計はもちろんチームマネージメントの力が試されます。またネットワークづくりをしながらアイデアを形にしていく上でウェブサイトを構築したりFacebook等を利用したマーケティング、ビッグデータ活用シミュレーション、アプリ開発をすすめていきます。その為時間がどんどんなくなります。午前中から昼過ぎまで授業、その後チームで活動というパターンとなりますがコアと違うのはまずチームが新しくクラス編成も変わります。コアとは違った人たち、バックグラウンドの人たちと学ぶチャンスでもあります。毎週水曜日にメンターと金曜日にピッチとプロジェクトの進行具合がチェックされ金曜日のピッチでは仮想通貨を使い実際にポテンシャルの有無を投資金額で評価されます。

 

Final Pitch

MVPやプロトタイプ、プレゼン資料を完成させると投資家に向けてのファイナルプレゼンとなります。こちらのPitch Deckを完成させるためのリソースは全て授業中に紹介されますがそれを活用し、ITメンバーのいるチームはアプリを作成もしくはプロトタイプ、MVP、フライヤーなどを準備し投資家の前でチームでプレゼンです。

またこのプレゼンだけではなく授業の評価方法は、「実際にいくら投資されたか」による部分もあり、このファイナルは最後のチャンスとなります。ピッチは2日にわたり行われ最後は打ち上げ的にパーティとなります。このプロジェクトをVenture Labというアクセラレーター・プログラムにもっていくこともできます。



Tech Lab

2017年9月Intakeから追加された、新しい選択肢。過去2 Intake分のIMBA学生への調査に基づいて設けられました。今年はOracleの協力の下、企業向け新規事業プロジェクトを提案します。

ポイントは以下の通り。

  • テクノロジーの基本知識
  • 今後のテクノロジーのビジネストレンドを見極める
  • テクノロジーを使ったソリューションを創出し、最後にジャッジの前でプレゼン
  • プロジェクトベースの学習
  • 週に一度のメンタリングセッション

これまでテクノロジーのバックグラウンドではなかったけれど、これからテクノロジーを自社ビジネスに取り入れたい人、テック企業への就職を目指している人にお勧めのLabです。

 

※動きの早い分野ですので、下記モジュールや科目は毎年変更が加わる可能性があります。


Tech Bites

注目されている新技術、AI、Digital Transformation、量子コンピューティング、Big DataとIoT、セキュリティ、3D Printing、ロボティクスなど、各分野のエキスパートが教鞭をとります。

Tech Deep Dive

ブロックチェーンとその技術をビジネスに応用する際の課題など、ケーススタディを多用しながらインタラクティブに学びます。

Tech Foresight

テクノロジートレンドや未来についてワークショップ形式 などを用いながら学びます。

Toolkit

テクノロジーを用いた問題解決方法や製品デザイン・イノベーション、ビジネスに応用するツールを実際にデータ解析ソフトを使うなど、実践的に学びます。



Social Impact Lab

2人一組でチームを組んで南アフリカ共和国のソーシャルインパクト系プロジェクトのインターンをしていきます。

IE卒業生が立ち上げた、Emzingoという協力会社によるプログラムです。

コアタームで学んだことを実務の場で活かすことと、異文化に身を置き、貧困やエイズなど世界が抱えている問題の現状を知り、プロジェクトを通してその解決に貢献することが目的です。

 



Internship

企業インターンシップを行い、コースの単位として認めてもらうプログラムです。

  • 7週間以上
  • 世界中どこでも可
  • 日本人は日本でインターンを見つけてくるケースが多い

IEの学生は欧州のスタートアップ界隈で非常に評価が高いため、スペイン国内でスタートアップなどでインターンを経験するケースもあります。

 

インターン先は自分で探してくる必要がありますが、大手企業のサマーインターンプログラムに限定せず、スタートアップやリモートなど広い視野で探してみれば、他ではできない貴重な経験に出会えるかもしれません。



ELECTIVE PERIOD

IEの選択科目の種類は実に120科目あり、圧倒的な数のチョイスがあります。各科目は10コマ~20コマあり、120コマ~145コマの間で選択することが可能です。

 

キャリアゴールによってテクノロジーやイノベーションに偏らせることも、マーケティングを中心にすることも、あるいはファイナンスを中心に取ることも可能です。それ以外に、後述するテーラーメイド・オプションがあるので、組み合わせてデザインすることができます。

※選択科目は毎年入れ替えが行なわれるため、最新情報はIEのアドミッションへご確認ください。

CONCENTRATION

選択科目である一定数の単位を特定分野で履修すると、Concentrationの称号が与えられます。

次の分野でのConcentrationを選択することができます。IEではアントレプレナーシップが世界的に評価が高いですが、実はランキングではテクノロジー&イノベーションも世界的にトップランクで、また学生数が多いことからファミリービジネスに関する知見も豊富です。

 

  • General Management
  • Accounting
  • Economics
  • Entrepreneurship
  • Family Business
  • Finance
  • Marketing
  • Operations
  • Organization Behavior & Leadership Skills
  • Strategy
  • Technology & Innovation

 

アントレプレナーシップ系

Blockchain Entrepreneurship
Entrepreneurship & Venture Capital
Entrepreneurship in Emerging Economies
Families in Business and Family Businesses
Knowledge Incubator
M&A for Startups
Premium & Luxury Entrepreneurship
Research Project: Clean Tech Ventures
Social Entrepreneurship

 

 

マーケティング系

Business at the Bottom of the Pyramid

Digital Marketing, Mobile, Social & Analytics

Innovation Management and Creativity

Marketing Strategy for Decision Making

Pricing Strategy

Sports in the Management Context

 

Strategic Brand Management

 

ファイナンス系

Financial instruments & M&A Accounting

Financial Statement Analysis & Valuation

Management & Investing of Warren Buffett

Applied Corporate Finance

Applied Financial Engineering

Managing Equity Portfolios

 

Private Equity

戦略系

Business Model and Digital Transformation

Digital Strategies for Consumer Goods

Business Models in the Knowledge Economy

Geopolitics for Businesspeople

Global Strategy

Intelligence Tools for Businesspeople

Luxury strategy

Strategy Implementation

 


デザイン&マネジメント系

Design Driven Innovation - Theory & Practice

Design your life - Graduation and Beyond

Effective Presentations Design

Efficient Problem Solving

From Trend Research to Kickstart Innovation

 

テクノロジー・イノベーション系

Digital Transformation in Action

Introduction to Python Programming

Managing Big Data

Persuading & Selling like Steve Jobs

Technology, Future Leadership & Happiness

Transforming Business through IoT

 

人事・スキル系

Advanced Negotiations Workshop

Effective Communication

Leadership, Power & Influence

Sustaining Executive Performance

Talent Management for Strategy Execution

 

その他

Country Economic Analysis

Introduction to Fintech

Comics, Characters, Heroes: Creativity

Philosophy and the Firm

AI & Machine Learning

Blockchain: Netnographic Analysis

Social Media Analytics

IoT

Maximize your Negotiation Power & Success

 


テーラーメイド・オプション (Venture Lab, Long/Short Exchange, Unplugged)

Venture Lab

Venture LabはIE Business Schoolの目玉プログラムです。将来起業を目指す学生にとって、Venture Labを受講する事で、6ヶ月間の期間を通して、自分の胸に秘めるアイディアをビジネスプランに叩き上げ、最終課題として自分のビジネスプランを投資家にプレゼンするアクセラレータープログラムです。世界各国から集まる 起業家志望の他学生と共に切磋琢磨しながら駆け抜ける6ヶ月間は他のビジネススクールではなし得ない環境です。

実際にIE Alumniの約20%が起業家になると言われており、在学中だけでなく卒業後もIEが世界各国に持つVenture Networkを活用している人も少なくありません。

 

2014年、2017年、2018年と、日本人学生を含むチームが見事Semi-Finalに選出されました!

Short Exchange

Elective期間中に行われる一週間の交換留学プログラム。一週間スペイン外へ赴き、他校で授業を受けたり、企業訪問を行うことが可能となります。

行き先はその時々によってことなりますが、IEが加盟するGlobal Network for Advanced Management のネットワークの中からYale University (1月入学のみ)や、シンガポール、ブラジル、中国、南アフリカなどのビジネススクールへのショートエクスチェンジが可能です。

 

また、Social Innovationに興味がある人向けには、Social Innovation Trekがあります。南アフリカで1週間のコンサルティング・プラクティスを実施します。


IMBA Unplugged

卒業後に交換留学を行えるプログラム。参加したい学生は在学中に任意で応募することとなります。9月入学の場合、7月の卒業後、8月〜12月の間に行うこととなります(実際の期間は提携校によって異なります)。卒業後とはなりますが、学費はもちろん含まれております(渡航費・生活費は実費となります)。上記のLong Exchangeと併せてUS系の大学(Chicago, Yale, Tuckなど多数)が人気ですがイギリス、オランダ、イタリアなどの欧州MBAに加えて中国やシンガポールも人気の留学先となっています。

 

その他:Chicago, Bocconi, Babson, Cornell, LBS, Tuck, UNC, Yaleなど約30校(2015年9月入学Unplugged/ 2016年1月入学Long Exchangeの場合)

Long Exchange

Electiveの期間を使って他校で学ぶ交換留学プログラム。参加したい学生は在学中に任意で応募することとなります。9月入学の場合は4月~7月、1月入学の場合は9月~12月でExchangeを行います(実際の期間は提携校によって異なります)。

提携校は欧米有名校から、アジア・オセアニア・南米と多岐にわたり、個人の目的に応じて幅広く選択が可能です。

 交換留学を選択した場合、IEでのElectiveが受けられなくなるので注意が必要です。IEでのElectiveも交換留学も両方行いたい場合は、次に記載のIMBA Unpluggedを利用し、卒業後に交換留学を行うことも可能です。


 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している卒業生サイトですが、掲載情報に関して当校の公式見解を示すものではなく、また情報の更新については必ずしもタイムリーとは限りません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。