global ONLINE mba

世界トップランク、スペインの当局が認定するIE UniversityのOfficial Degreeです。


実践的なプログラム

教授陣は9割以上が国際的に活躍する実務家。半分以上はスペイン国外の出身。コンサル、企業CXO、シリアルアントレプレナー等。ケースメソッドやグループワークを多く取り入れ、昨日学んだことが今日実践できます。

卒業生の満足度はフルタイムMBAかそれ以上に高いのです。

IEのBlended Methodology

ライブのオンライン授業では、ディスカッションもリアルタイムに世界中の学生と意見交換します。その後一週間かけてOnline Forum上でさらに議論を深めます。フルタイムよりも深い議論が可能です。2001年からオンライン高等教育に注力してきたからこそ確立されたメソッドです。

世界中の優秀なクラスメート

世界トップランクとして評価されているプログラムで、約90名のクラスには50カ国から、様々な業種・職種の学生が集まります。多様な学生同士で議論するからこそ学びが深まります。マドリードでのFace to Faceの期間が3回あり、そこでも絆を深めます。

 


ランキングと評価

例年安定して世界トップランクに評価されるMBAで、世界的に非常に高い評価を得ています。卒業後、「Global MBA」という名称のIE UniversityからのOfficial Degreeが授与されます。(Global Online MBAはDegreeの名称ではありません)

プログラムのフォーカス

Global Online MBAでは、マネジメントの基礎(ファイナンス、アカウンティング、マーケティング、戦略、オペレーションなど)に加え、次のような特色をもっています。単なるマネジメントだけを学ぶMBAではない、「Beyond MBA」を目指し、リアルなビジネスの変遷とともにアジャイルに新しいエッセンスを取り入れています。

また、17か月と決まった期間で同期のクラスメートとともに同時に卒業します。レジデンシャル期間は朝から晩まで授業を受け、夜はマドリードの文化や食を楽しみ、そんな苦楽を共にしたクラスメートとの強い絆を卒業後も保つことができます。

 

イノベーション

プログラム中は様々な形でマインドセットを広げるようチャレンジされます。Innovation Capstone Projectでは実際に新しいアイデアをビジネス化することが求められます。

 

i.e.) Creativity & Ideation, Corporate Entrepreneurship, Startup Creation

リーダーシップ

クリティカル思考やエモーショナル・インテリジェンスなど新しいビジネスリーダーとしてのスキルセットをコース中に身に着けていきます。

 

i.e.) Ethics, Leading through Emotions, Leader Vision, Building High Performance Teams

マネジメント

新しい時代の様々なマネジメント手法やスタイルを学び、また戦略的マネジメントのための最新スキルやツールを手に入れることができます。

 

i.e.) Data Analytics for Decision Making, Non-Market Strategy, Change Management


ライブ・ビデオセッション@WOW Room

GLOBAL ONLINE MBAのスケジュール

特徴

Official Page

 

  • 8割オンライン、2割Face to Face 
  • 17ヶ月(10月、2月スタート)
  • マドリードでのResidential Weeksは3回(一週間 x 3回)で出席が必須 
  • オンライン期間は毎週土曜日のVideo Conference(ライブ授業)への参加が必須(日本時間土曜日の夜間)
  • キャリアチェンジ対応しており、パーソナルブランディングやキャリアデザイン、モックインタビュー等多様なコースを準備
  • 平均年齢は30歳~40歳
  • 一クラス30名、全体で約90~120名(約50カ国から参加)
  • スペインの祝日に準じて休日あり
  • フルタイムの学生と同様、キャリアサポートを在学中~卒業後も利用可能

 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している卒業生サイトですが、掲載情報に関して当校の公式見解を示すものではなく、また情報の更新については必ずしもタイムリーとは限りません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。