Admission

学校が求める学生像

型にはまらない考え方で、人と違うことを追求し、成長とイノベーションのあり方としての「変化」を進んで受け入れる人。

出願を考え始めたら

 

IEはローリング制です。いつでもアプリケーションを開始できます。しかしながら、査証が間に合わない可能性や、希望するIntakeが早い段階で席が埋まってしまうこともあります。ローリング制といっても、これらの点について学校が保証しているわけではありません。 

 

必ず日本オフィスと個人面談をして自分の状況に応じ進め方を相談しましょう。(日本在住の方のみ)

 

また、定期的に行なわれる、教授によるマスタークラス、卒業生の集まり、Madridのキャンパスで定期的に行なわれるOpen Dayへ参加することがお勧めです。

 

IEは日本でのフェイスタイムの機会が多くある為、就職活動と同様、それなりの労力と時間を使って参加する必要があります。 

また、各種ソーシャルメディアでもフォローし、最新情報へのアクセスを入手しましょう。

 プロセス、要件はフルタイムMBAもBlended MBAも同じです。

今後のAdmission関連イベント(日本)


Youtube

LinkedIn

Instagram

Facebook公式

Facebook日本語

Twitter


英語力

スコアはあくまで足切り。実際は面接でコミュニケーション能力を厳しく審査します。実際のプログラムでも、授業中の発言が成績評価の一部になるため、しっかり英語力を高めておきましょう。

 

 応募要件(全プログラム共通):

 

TOEFL: 100

IELTS: Overall 7.0

 

※英語圏の4年制大学卒業、あるいは英語圏で100%英語での就業経験が2年以上ある人はWaiveされます。 

出願期日

ローリング方式*。スコアが準備出来次第、いつでも出願できます。

しかしながら各インテイクごとに席数に限りがあり、また査証申請が間に合うかどうかまでは学校は保証しませんので、自分でよく計画して出願しましょう。

  

出願~合否判定は約4~6週間。 

 

※私費の学生には奨学金が用意されています。奨学金は別途申し込みが必要です。時期が早いほど授与の可能性が高くなります。

 

*TechMBAのみラウンド制。

各ラウンドごとの締め切り日はこちらを参照。

 


出願書類

出願に必要な要件は以下の通り。

 

MBAは入学日までに最低3年以上の職務経験 

※他のMasterは職務経験不問。いずれもUndergraduate Degree(4年制大学卒業)が必須。Tech MBAの場合はTech関連の学部卒であることが条件。

  • IELTS7.0 または TOEFL 100以上
  • GMAT、GRE、またはIEGAT(GMAT平均680~690)
  • アプリケーションフォーム
  • CV
  • 組織図
  • Online Assessment 3問
  • ビデオまたはプレゼンフォーマットでの自己紹介

IEGAT

IEGAT(IE Global Admissions Test)はIEの独自入学試験。

 

一生に一回のみ受験可能。受験後30日以内に出願を済ませないと、スコアが無効となります。  事前の練習や対策はいりません。GMATのようなテクニックや知識を試す要素はありません。論理的思考能力、数学的処理能力、英文読解、分析力など様々な能力が試されます。体調を万全にして受験しましょう。

 ※2019年10月より、従来のペーパーベースからCBTへ移行しました。従来通りテストセンターでの受験が必要です。なお、対策問題集のようなものは特にありません。IEGAT対策を謳った業者はIEと無関係です。

 

日本では東京のオフィスで月に一度実施しています。

2019年~2020年のIEGAT試験日:

  • 11月22日金曜日
  • 12月20日金曜日
  • 1月10日金曜日
  • 2月7日金曜日

※申し込みは日本オフィスへ問い合わせください


オンラインアセスメントと面接

 2018年にエッセイを廃止。代わりにOnline Assessmentを書類選考の一部として導入し、よりリアルタイムでの受け答えに重点が置いています。

Online Assessment含む書類選考が通過した人のみ、面接へ招待されます。

 

Intakeを重ねるごとに日本人であってもスクリーニングが厳しくなってきており、IEとのフィット感、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力 を面接で審査します。基本的な質問もあればクリエイティブな回答を要求する質問や答えに時間がかかる質問などもあり、アプリカント独自の回答を期待している場合があります。 

 

オンラインアセスメントとインタビューの質問群は定期的に見直し・入れ替えを行っています。これまでの過去問は聞かれない可能性が十分にあります

 

 

合否判定と奨学金

合否判定

  • 書類審査で不合格となる場合、面接はなし
  • 合否判定はどのような場合も通知がいく
  • 合格、条件付き合格、ウェイトリスト、不合格、書類再提出等のパターンあり
  • 不合格となった場合は再出願不可
  • デポジット期限の延長は原則不可

奨学金

 

IE Foundationより内部奨学金多数あり。40種類以上ある奨学金プログラムの中から、3つまで応募可能。応募は出願と別。

日本人学生も授業料の10~25%程度の奨学金をもらった実績が多々あります。特に女性向け奨学金が充実しています。

100%社費の学生は奨学金対象外。

 


 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している卒業生サイトですが、掲載情報に関して当校の公式見解を示すものではなく、また情報の更新については必ずしもタイムリーとは限りません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。