· 

私費生・家族連れのマドリード生活

こんにちは、18年1月入学、International MBA applicantの三橋と申します。

ここでは私費生・家族連れの生活の実態をご紹介したいと思います。

まず、簡単に家族を紹介させていただきますと、

 

妻 - 元看護士。海外経験一切なし、渡西当時は英語&スペイン語ともにほとんど話せなかった。マグロと間違えて生の牛肉を醤油漬けにして食卓に出してしまう程度のおっちょこちょい、5月現在で妊娠7か月、夏に第二子(女児)出産予定。

 

息子 - 6月で2歳、未だ髪の毛が生えそろわない弾丸ボーイ。イヤイヤ期入りかけ。いつもどこかに頭をぶつけて生傷が絶えない。好きなものは飛行機と女の子と砂遊び、嫌いなものはパンの耳。

 

といった感じです。渡西のタイミングはとくにずらさず、みんな一緒にこちらに来ました。紹介と絡めて、「言語」「食事」「医療」「保育」「その他」の順でお話させていただきます。

 

・言語

マドリードで生活していく上でやはりスペイン語は避けて通れません。パートナーの方に関していうと、

① Pre course 入学前/短期集中(5日間)と中期(3週ほど)のどちらか/IE生タダだがパートナーは300 euroほど/内容は基礎のみ

 

② IE提供のSpanish Class 入学後2か月後ぐらいから/毎週1回80分が12回ほど/パートナーも生徒同様タダ/事前テストの結果次第で上級~超初級までレベルは様々

 

③ IE提携の語学学校 マドリードに点在/もちろん時期、内容は自由/提携しているので多少のディスカウントあり

 

④ スペイン在住の日本人の個人レッスン 実際に利用した先輩の方からの紹介になるかと思います(利用していないため詳しくは分かりませんが個人塾のようなものです)

 

といったオプションがあります。私の妻の場合、①②を利用し、お陰様で現在は日常生活で困らない程度には話すことが出来るようになりました。折角だしということで①~④すべて組み合わせて相当ハイレベルなところまで頑張るかたも中にはいらっしゃるそうです。

 

・食事

ここではとくに自炊についてですが、野菜は比較的安いです。ものによっては日本の半分ほどです。肉は切り方がそもそも違うので使い勝手が少し悪いですが、鳥、豚は安くておいしいです。牛も安いですが、少し臭みが気になります。

一方で、妻の紹介でも出てきた「マグロ」ですが、学校からメトロ+徒歩で20分ほどのところにChamartinという、日本でいう築地のような市場があります。そこで北欧の脂がのった絶品サーモンや、日本よりはるかに格安で大トロが手に入ります。

手巻き寿司をまさかここでも楽しめるとは思いませんでした。ヨーロッパ随一の市場だとか。ここではお肉も指示した通りに切ってくれるので、すき焼きを家で楽しむこともできます。

 

・医療

まず、妊娠について、学校提携のこちらの保険に入っていれば指定病院での診察に限り全額補償されます。立替などではなく、病院で会計しなくていいので日本と比べてかなり楽です。出産前の定期検査の内容は日本よりむしろ進んでいる印象を受けます。言語の壁はありますが、どこの総合病院にも英語が出来るスタッフはいるのでよほど説明が難しい症状でなければどうにかなります。

小児救急も学校近くのいくつかの総合病院が24時間やってくれているので安心です。昨年末、息子と全力で遊んでいたら右腕を脱臼させてしまった際も、夜の10時過ぎの診察でしたが、待ち時間ほとんどなくすぐに対応してくれました。もちろん救急でも全額補償です。

 

・保育

学校周辺にいくつか保育園があります。中にはIEの卒業生が運営しているものも。私たちが見た限り、300~500 euro/monthがレンジです。ロケーションもあり中にはバイリンガル(英語+スペイン語)教育が基本のものなど、日本の幼稚園顔負けの内容のものもあります。ちなみに私たちはまだ子供が小さいこともあり保育園は利用していません。

 

・その他

まず、大体どのIntakeも子連れ同士のネットワークがWhatsApp上で作られるので、そこで声がけしてみんなでピクニックしたり誕生日会をしたりしています。もちろん日本人の子連れ同士もIntakeを超えて交流があります。あとは教会で週2回ほど英語のプレイグループが開かれていて(5 euro/回)そこでマドリード在住のIE生以外のネットワークに参加することもできます。


公園については、マドリード市内の中心地でありながら、学校の周りには相当数の公園があります。

メトロで10分ほどいったところのRetiro Parkはランドマークのようなもので、日本の駒沢公園や井の頭公園並みの広さに入場自由の植物園、庭園が所狭しとあって、子供を遊ばせるのに不自由することはありません。

ちなみに私の息子の誕生会を来月Retiroで開く予定です。

 

また、少し離れますがメトロで30分ほどのところには、昔王族の狩猟場だったという、Casa de Campoがあり、こちらも相当広く、加えて手つかずの自然が広がっているのでピクニックに最適です。

 

長くなってしまいましたが、マドリードの中心部とロケーションがとにかく素晴らしいので、子育てで何か不便な思いをすることは本当に少ないです。とくに家族連れを躊躇されている方の力になれれば幸いです!

 

 当サイトはIE Business School/MBA Programに在籍/卒業した日本人学生が中心となり編集/管理を行っています。当校への進学を検討されている方、当校在学生に御興味のあるリクルーターの方々へ、情報をお届けする事を目的としています。学校の許可・支援を得て公開している準公式サイトですが、掲載情報に関しては当校の公式見解を示すものでは御座いません。最新情報については、IEの公式サイトをご覧ください。